自分のまつ毛の生え方をチェック!

1015

性格や顔立ちが人それぞれ違うのと同じように、まつ毛の生え方というのも一人一人違いますまつげ まつげ

自分のまつ毛の生え方を理解することで、よりキレイで自分に合ったまつ毛エクステを楽しむことができるので、下記を参考に自分のまつ毛の生え方のメリットとデメリットをチェックしてみてください目がハートきらきら

 

1015

 


 はな上がりまつ毛はな

一般的に上がりまつ毛は、根元からまつ毛自体が上がっており、まつ毛の毛先まですべて正面から見えます。

 

元々カールをしているため、エクステは短くても長く見えやすくなり、比較的ゆるいカールのものでもクリッとした目元のデザインを作ることができます。

しかし、まつ毛が上がっている分、目の粘膜が見えやすいので、まつ毛が抜けてしまったりすると余計にまつ毛の間がスカスカに見えてしまう方もいます。


アイライン(まつ毛の生え際のライン)の濃さを重視したい場合は、長さを短くカールをゆるめにし、少し太めのエクステをMIXしてアイライン部分を埋めるようなデザインにするのがオススメです。


はな下がりまつ毛はな

下がりまつ毛は、生え際からまつ毛が少し下向きに向かって生えているという状態です。

 

上がりまつ毛の方より毛量が多めな方が多いため、まつ毛に厚みがありアイラインは濃く見える傾向があります。

しかし、まつ毛自体にあまりカールがないため、カールのゆるいエクステをつけてしまうと、下がり気味のまつ毛にさらにプラスされてしまい、白目の部分にエクステがかぶって重く見えてしまうことがあります。

 

生え際からまっすぐ上がっているまつ毛ではないので、あまり長いエクステにはせず、カール感があるエクステをつけることにより、パッチリな目元のデザインに近づけることができます。

 

ストレートライン(接着面)は、ゆるいエクステの方が多く、カールの強いエクステほど少ないため、カール感のあるエクステの方が根元が重くなりにくく、軽い感じのまつ毛に仕上がります。


 はな逆さまつ毛はな

下がりまつ毛よりも、さらにまつ毛が下がっており、通常外側に向かって生えているまつ毛が、眼球の方を向いて内側に生えている状態のまつ毛です。

 

逆さまつ毛の方はビューラーをしても下がりやすく、目の中にまつ毛が入りやすい、慢性的な痛みを感じる、異物感があるなど苦労されている方も多くいます。

 

中には、目に刺さっているような深刻な状態の場合には、まつ毛エクステの施術ができない場合があります。

 

逆さまつ毛にエクステをつける場合、長さがあるものは目元がとても重い印象になり、瞳の中に刺さりやすくなるため、オススメしません。

 

長さを少しだけ出してあげてからカールがついているものをつけると、自然でカールがあるまつ毛に仕上がります。

 

また、細めのエクステにすることで、軽さがあり、カール感が持続しやすいのでオススメです。

 

一部ではエクステで逆さまつ毛の矯正効果があるという情報もありますが、深刻な状態の場合は、まずかかりつけの眼科医にご相談することをオススメします。


 

地まつ毛の向きは場所によっても違ってきますので、向きによってカールや長さを変え、状態に合わせてエクステをつけてあげることをオススメしますポイントきらきら

 

また、地まつ毛のケアをしてあげないと、地まつ毛自体のダメージが進行してしまい、生え癖や状態も変わり、まつ毛が縮れてしまったり、毛の向きがヨレてしまったりすることもありますので、ケアは毎日してあげましょう!

 

ご自身のまつ毛をしっかり理解し、まつ毛エクステを楽しみましょう♪

 

Posted on: 2015年10月15日, by : GLAMOROUS 横浜関内店